オレオケミカルをベースに化学品をはじめ、日用品、土木建設資材の分野で、
ベストソリューションをご提案します。

  • プライバシー・ポリシー
  • 電子公告

お知らせ

お知らせ

2016/04/21

5つの成分でガッツリ・シッカリ除菌・消臭する「靴・ブーツ除菌消臭スプレー」を発売

 

昭栄薬品株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:藤原佐一郎)は、5つの成分でシッカリ除菌・消臭できる靴・ブーツスプレーの新商品「男のガッツリ 除菌・消臭 靴スプレー」、「女のシッカリ 除菌・消臭 靴・ブーツスプレー」を、8月1日から新発売いたします。

 

【商品コンセプト】

●男のガッツリ 除菌・消臭 靴スプレー

       男のガッツリ改2

【商品コンセプト】

靴消臭スプレーには、『男性向け』としての靴のクサイ臭いを解決してくれるような商品はありませんでした。そこで、メントールと5種類の除菌・消臭成分を配合して、男性に訴えかけるデザインイメージにし、開発しました

 

女のシッカリ 除菌・消臭 靴・ブーツスプレー

       女のシッカリ改2 【商品コンセプト】

靴消臭スプレーには、『女性向け』に効果を訴求するような商品はありませんでした。そこで、5種類の除菌・消臭成分配合とローズの香りで、女性に訴えかけるデザインイメージにし、開発しました

 

 

 

【特長】

○5種類の除菌・消臭成分配合

 【画像①】男のガッツリ(5種成分)  【画像②】女のシッカリ(5種成分)

○逆さノズル採用で靴へのスプレーが簡単

 【画像④】男のガッツリ(逆さノズル)  【画像③】女のシッカリ(逆さノズル)

○さらさらパウダー配合

●「男のガッツリ 除菌・消臭 靴スプレー」はメントール配合、クール・シトラスの香り

「女のシッカリ 除菌・消臭 靴・ブーツスプレー」はローズの香り

 

【使用シーンのご提案】

・靴を履く、直前に!!
・オフィスの到着後に!!
・仕事の休憩中のリフレッシュに!!
・大切な人と会う前に!!
・営業から帰社後に!!
・靴を脱いだ直後に!!

お家に1本、仕事場に1本、置いて、靴の除菌・消臭習慣!!

1本で約1ヶ月使用できます。(約2秒噴射)

※使用状況により異なります。

 

【商品概要】

男のガッツリ 除菌・消臭 靴スプレー

JANコード

希望小売価格 (税別)

備考

4930508002847

680円

発売中

女のシッカリ 除菌・消臭 靴・ブーツスプレー

JANコード

希望小売価格 (税別)

備考

4930508002854

680円

発売中

 

【商品に関するお問合せ先】

昭栄薬品株式会社 日用品営業部

電話 06-6262-2708

電子メール 当社ホームページのお問い合わせ機能をご利用ください。

 


 

【仕様】

品名 靴用消臭剤
用途 靴(革靴・スニーカー・ブーツ等)の消臭、除菌
正味量 280mL
成分 エタノール、除菌剤、消臭剤、シリカ、香料、LPG

※仕様は予告なく変更となる場合があります。

※安全にご使用いただくために、以下の記載内容及び商品の表示内容をよく読んでご使用ください。

 

【使用方法】

○缶を上下によく振ってください。

○缶を逆さ(ノズルを下)に向け、10cm程度離して靴の中に2秒スプレーしてください。

※上や横に向けて噴射すると中身が出ません。

 

【使用上の注意】

○は虫類・凹凸素材、起毛素材(スエード・バックスキン)などの特殊な皮革には使用しない。

○素材によっては色落ちやしみや変質することがあるので、あらかじめ目立たないところで試すこと。

○靴の外側には噴霧しない。

○缶の先を真横より上に向けてスプレーしない。ガスだけが出て最後まで使用できなくなる。

○用途以外に使用しない。

○喫煙時や車内で使用しない。

○子供や高齢者の誤使用・誤飲を防ぐため、保管場所に注意する。

○缶が錆びると漏れや破裂の原因になるので、水回りや湿気の多いところに置かない。

○車内・直射日光の当たるところ、暖房器具(ファンヒーターなど)の付近など高温となるところには置かない。

○廃棄時は火気のない屋外で噴射音が消えるまでボタンを押し、ガスを抜いてから各自治体の廃棄方法に従うこと。

○直接吸引しないよう注意する。

 

【応急処置】

○目に入ったり皮膚に付いた場合:すぐ流水で十分洗い流す。異常が残る場合は医師に相談する。

○飲み込んだ場合:無理に吐かせずすぐ口をすすぎ、コップ杯の水を飲む等の手当をし、医師に相談する。

【警告】

【画像⑤】男のガッツリ、女のシッカリ(火気高温)

【修正履歴】

○2016年6月20日 発売予定日を6月下旬から8月1日に修正いたしました。

ページトップ